本文へスキップ

広島県の県民,団体,事業者,行政が相互に連携・協働しながら,環境にやさしい地域づくりを進めます

各企業のISO14001認証取得に関する情報

(株)ダイセル 大竹工場

  1. 事業所の概要
    所在地 大竹市東栄2丁目
    設立年月 1961年
    資本金 36,275百万円
    従業員数 370名
    生産品目
    (取扱品目)
    有機酸類,酢酸エステル類,グリコールエーテル類,アルコール類,有機アミン類,ピリジン類,エポキシ化物類,ポリカプロラクトン類,,エポキシ樹脂類
    問合せ先 部署名:安全環境部 TEL(08275)3-5012
  2. ISO14001規格認証取得の概要
    サイトの範囲 大竹工場及びダイセル大竹産業
    審査登録機関 (財)日本品質保証機構(JQA)
    審査日程 予備審査     ;1999年2月18日~19日
              審査員1人×2日間
    ファーストステージ;1999年6月17日~18日
              審査員2人×1.5日間
    セカンドステージ ;1999年7月29日~30日
              審査員2人×1.5日間
    認証登録 1999年8月6日
  3. 環境方針

    [大竹工場 環境方針]

    1. 事業活動を通じ,省資源・省エネルギーを進め,化学物質・廃棄物の適正管理を行い,環境の維持・向上に努める。
    2. 環境方針,法規制,著しい環境側面,利害関係者の見解等に基づき,環境目的・環境目標を,年度ごとに設定し,実行する。
    3. 環境関連の法規制,及び当社が゙同意したその他の要求事項を遵守する。
    4. 定常・非定常業務はもちろん,事故などの緊急事態においても,地域社会に迷惑をかけないよう環境汚染の予防を徹底する。
    5. 全従業員が,環境方針に沿った行動を行うように,環境方針を周知するとともに,環境マネジメントシステムに適合した業務を行うように,関連する従業員を教育訓練する。
  4. システムを構築する上で特に力を入れた点
    1. ISO9002と共有化を図る。
    2. 既存のシステム,慣行を使用する。
    3. 環境影響評価洩れをなくする。
    4. トップダウン方式による推進の徹底と情報の共有化を図る。
    5. 内部監査頻度を多くし,確実なフォローの実施を図る。
  5. 認証取得による効果
    1. 従業員の環境に対する意識が変わってきた。
    2. 環境改善項目が明確になり,確実に改善が進むようになった。
    3. パフォーマンス等アウトプットの数値化が本社等に横波及し始めた。
  6. 一口アドバイス

    トップダウンが大事である。
    単に認証を目的にするのではなく,継続的に環境改善を進めるためには,トップダウンの明確な意思表示と資源の配分がポイントとなる。

お問い合わせ・連絡先

<事務局>
広島県 環境県民局 環境政策課内
〒730-8511
広島県広島市中区基町10-52
TEL 082-513-2952
FAX 082-227-4815
E-mail: info@h-ecoforum.jp