本文へスキップ

広島県の県民,団体,事業者,行政が相互に連携・協働しながら,環境にやさしい地域づくりを進めます

各企業のISO14001認証取得に関する情報

三菱重工業(株)広島製作所

  1. 事業所の概要
    所在地 広島市西区観音新町四丁目6番22号
    設立年月 1950年1月(操業開始は1944年3月)
    資本金 2,654億円(全社)
    従業員数 2,301名(2000年4月1日現在)
    生産品目
    (取扱品目)
    コンプレッサ・コンプレッサ駆動用蒸気タービン,曝気ブロワ,ガスタービン,製鉄機械,セメントプラント,運搬機器,橋梁,煙突,ボイラ・発電用タービン,超高真空ポンプ,包装機械,物流システム,クリーンルーム,化学機械,航空機
    問合せ先 部署名:総務部総務課 TEL(082)291-2112
  2. ISO14001規格認証取得の概要
    サイトの範囲 広島製作所
    (但し病院は除く。広島製作所構内にある広島研究所は含まない。)
    審査登録機関 日本検査キューエイ株式会社(JICQA)
    審査日程 予備審査 1999年4月26日       審査員3名×1日
    事前審査 1999年6月28日~29日   審査員3名×2日
    実地審査 1999年8月30日~9月1日  審査員3名×3日
    (うち1日は,さらに技術専門家1名が参加)
    認証登録 1999年9月30日
  3. 環境方針

    【基本方針】

     広島製作所は,環境保全への取り組みを事業所経営の最重要課題のひとつと位置づけ,事業活動のあらゆる面で環境負荷の低減に努めるとともに,技術力を結集して環境保全につながる技術や製品を開発,提供することにより,持続的発展が可能な社会の構築に貢献する。

    【行動指針】

    1. 環境保全への取り組みを加速推進するため環境委員会を設置し,その役割と責任を明確化する。
    2. 当所の事業活動又は製品が環境に与える影響を的確に把握し,技術的・経済的に可能な範囲で環境目的及び目標を設定し,定期的に見直すことにより環境保全活動の継続的な改善,向上に努める。
    3. あらゆる事業活動の領域で汚染の防止と環境負荷の低減に努めるとともに地域社会との協調を図る。
      1. 広島湾に臨む立地を認識し,工場排水の水質維持に努める。
      2. 環境に影響を与えるおそれのある工程・設備の管理徹底に努める。
      3. 廃棄物の発生抑制,省資源・省エネルギー,資源の再利用に努める。
    4. 環境関連法規,条例,協定及び当社環境方針を遵守する。
    5. 環境方針達成のため,全所員を挙げて環境保全活動を推進する。
    6. 環境教育,所内広報活動を通じて,全所員への環境方針の周知と環境に関する意識向上を図る。

    2000年4月1日

  4. システムを構築する上で特に力を入れた点
    1. 環境に対して間接的な影響を持つ業務(資材,工程管理など)の環境影響を評価し,改善につながるものを実施するシステムとした。
    2. 環境に悪影響を与える活動だけでなく,良い影響を与える製品・工法の研究・開発及び製品改良を環境影響として評価するシステムとした。
    3. 所の標準(手順書)でなるべく詳細まで規定し,部・課の標準作成が少なくなるよう努めた。
  5. 認証取得による効果
    1. 守るべき法規及び基準値を明示した業務標準を確立した。
    2. ばい煙発生量の削減(主に燃料節減による)と電力の節減が推進できた。
    3. 環境緊急事態を予測(主に油の流出)し,これに対する準備体制が整備できた。
    4. 輸出工事引合でISO9000シリーズ及びISO14001の認証取得を入札条件としたものが発生しているが,条件に適うことができる。
  6. 一口アドバイス
    1. ISO9000シリーズの認証取得済であれば,これとの整合に注意し,規程にできるだけ共通性を持たせる。
    2. 燃料節減,分別徹底による廃棄物削減など,メリットを強調して所内(社内)の意識高揚を図る。

お問い合わせ・連絡先

<事務局>
広島県 環境県民局 環境政策課内
〒730-8511
広島県広島市中区基町10-52
TEL 082-513-2952
FAX 082-227-4815
E-mail: info@h-ecoforum.jp