本文へスキップ

広島県の県民,団体,事業者,行政が相互に連携・協働しながら,環境にやさしい地域づくりを進めます

各企業のISO14001認証取得に関する情報

三菱電機(株)福山製作所

  1. 事業所の概要
    所在地 福山市緑町1-8
    設立年月 1943年2月(福山製作所)
    資本金 1,750億円(全社)
    従業員数 1,400名
    生産品目
    (取扱品目)
    配線用遮断器,漏電遮断器,電力量計,指示電気計器,計器用変成器,電力管理用計器,配電制御
    ネットワーク機器,自動車用燃料ポンプ
    問合せ先 部署名:福山製作所省エネビジネス推進プロジェクト(近藤)
    TEL(0849)21-3211 ダイヤルイン(0849)26-8282
  2. ISO14001規格認証取得の概要
    サイトの範囲 福山製作所及び構内関係会社5社
    審査登録機関 株)日本環境認証機構(JACO)
    審査日程 予行審査 1997年 6月26日~27日  審査員2人×2日
    初動審査 1997年 9月25日~26日  審査員2人×2日
    本審査  1997年11月13日~14日  審査員4人×2日
    認証登録 1997年11月26日
  3. 環境方針

    【基本理念】
    地球環境と地域社会に調和した事業活動を推進するために,全ての事業活動及び社員行動を通じ,保有技術と新技術を駆使し,環境の保全と向上に努める。

    【環境行動指針】(抜粋)
    1. 事業活動及び製品・サービスが環境に与える影響を的確に把握し,汚染を未然に防止するとともに環境保全活動のシステムと環境パフォーマンスの継続的な向上を図る。
    2. 環境問題への取り組みを積極的に推進するため,環境委員会,各専門部会及び内部監査の組織化を図り,自主管理活動による環境マネジメントシステムの維持向上を実践する。
    3. 環境教育,社内広報活動等の実施を通じて,全従業員に環境方針を周知させるとともに,環境問題に対する意識向上を図る。
    4. 環境関連法,条例,協定及び福山製作所地区が同意するその他の要求事項を遵守する。更に,技術的・経済的可能な範囲で自主基準を設定し,環境管理レベルの一層の向上に取り組む。
    5. 製品の出荷から廃棄に至るまでを考慮した環境負荷低減型及び低減提案型の製品開発に努める。
    6. 環境保全に配慮した製造技術・省資源プロセスを積極的に導入し,エネルギー・廃棄物等,環境影響の低減を推進する。
      1. 省エネルギー化を図るため①高効率設備・機器の導入,運用管理の統合化,②生産プロセスの変更
      2. 森林保護のため古紙回収リサイクルの徹底・ぺーパーレス化推進
      3. 資源有効活用のため産業廃棄物(特に廃プラスティック・廃油)の再資源化
      4. 地域社会の生活環境保全のため化学物質の適正管理と代替化
    7. 広島県の緑化モデル工場に指定されており,緑化整備活動の一層の推進により,緑の環境を常に大切にし,関係官庁・地域住民とのコミュニケーションを図るとともに,地域社会に対して蓄積した環境関連技術・情報を広く提供する。
    8. この環境方針の達成のため環境目的・目標を設定し,具体的な活動の展開とフォローを実施する。
    9. この環境方針は,一般の人にも公開する。
  4. システムを構築する上で特に力を入れた点
    1. ISOの要求事項に対して,誰が何をやるのかを具体的に規定した。
    2. TOP DOWN方式による推進を徹底し,各部門で情報の共有化を図った。
    3. 環境改善パフォーマンスを各部門に展開し,全員参加の活動とした。
    4. 目標はできるだけ数値化し,達成手段・日程・実施責任者を明確にし,モデル職場で先行推進後,水平展開した。
    5. 内部監査の実施により相互診断と相互理解を深めた。
  5. 認証取得による効果
    1. 企業イメージの向上,製品販売でのPR効果
    2. 省エネ,省資源・リサイクルなど環境改善パフォーマンスによるコストダウン,及び資源生産性への意識向上
    3. 従業員の環境モラル向上,環境目標への達成意欲向上
    4. 工場内の整理整頓,生産性向上
  6. 一口アドバイス
    1. ISOの要求事項をよく理解すること。それによって何をするかが見えてくる。審査機関に遠慮なく問い合わせると良い。
    2. 担当部門だけの活動にせず,必ず全員参加のシステムにすること。
    3. スタッフワークに重きを置いてやるべきことを決め,現業部門へは具体的なパフォーマンスを指示すると良い。
    4. 環境パフォーマンスの継続的改善のためのキーワードは,①目標の数値化,②各部門,各階層で展開,③達成手段,日程,責任者(部門)の明確化である。

お問い合わせ・連絡先

<事務局>
広島県 環境県民局 環境政策課内
〒730-8511
広島県広島市中区基町10-52
TEL 082-513-2952
FAX 082-227-4815
E-mail: info@h-ecoforum.jp