本文へスキップ

広島県の県民,団体,事業者,行政が相互に連携・協働しながら,環境にやさしい地域づくりを進めます

活動報告

第5回「環境にやさしいマツダの取り組み」(平成31年1月31日)

取材協力:マツダ(株)

マツダは,1世紀にわたり,走る歓びと,環境安全性能を追い求め,技術革新を重ねてきました。
燃費を改善しCO2削減など,環境への負荷を軽減した,次世代エンジンの開発に力を入れています。
車体や内装のスイッチパネル,シフトパネルなどには,樹脂自体に着色剤を混ぜて,様々な色にできるバイオプラスチックを使用しています。
塗装は,従来,何層も塗重ねと焼付けの乾燥を繰り返す工程ですが,アクアテック塗装では,従来の油性燃料から高機能な水性燃料に変えることで,少ない塗重ね回数で,従来塗装と同じ美しい色合い,品質を出すことができます。作業工程をスムーズにするとともに,塗装方法を環境に配慮するなど,工夫をこらしています。
また,2010年から続くマツダの森での森林保全活動や,グループを挙げて一斉に電気を消すライトダウン活動なども行っています。






                            

お問い合わせ・連絡先

<事務局>
広島県 環境県民局 環境政策課内
〒730-8511
広島県広島市中区基町10-52
TEL 082-513-2952
FAX 082-227-4815
E-mail: info@h-ecoforum.jp